読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
記事に猟奇的、同性愛的、表現が含まれることがあります。

サイルリック

自分で描いたSSをGoogle英語翻訳してから日本語翻訳してみた。

 

Sylrick ...第二王子
解雇...第三王子
フラビン...第四王子

ニクラストリー... Sylrickの友人

Sylrickはため息をつきました。彼は私がそれに清水の目を落としていた細い指にヒスイを切断することによって作られたカップを持っています。長い金色の睫毛からアメジストの悲しみの瞳を覗き見、まぶたがダウンOmotaに開放されています。特長は女の子のようにかわいいです、バックで一緒にされていたが長髪の金髪を書き終えています。
解雇とフラビンが彼のそばにあるの弟がありました。 Elnadaと非常に類似していた解雇が、私はそのTsuriaga〜​​のTSU双眼鏡と浅黒い肌を持っていました。フラビンはまだ小さい、明るい色の巻き毛と頬に浮かんでは印象的であることをそばかす。両方が健康で社交的な性格でした。同じで逆に彼は、育った病弱と内向的でした。父親Hezaberuto王は男らしいタフなボディを持っていましたが、彼はその能力を継承せずに生まれました。ブロンドは、同様の母親の色白と赤みを帯びた彼の特徴でした。剣よりも詩を愛し、それは彼の幸福は馬で平野に拍車をかけるよりも、宮殿の読み込みにふけるすることをお勧めしました。
彼はホールでの宴会の最中でした。もちろん、Sylrickは、宴会のように、好きではなかったです。大人は、家畜の豚のような醜い酔った外観夜の鳥を、飲んでいます。彼はそう思いました。内向的な王子はカップに新鮮な水を飲みました。私の頭がはっきりしていたように喉·フローの寒さのものが、感じました。彼はまたため息をついた、王位にはほとんどありません退屈に寄りかかりました。
「上の兄は、それが何でした "
彼の声を置くためには、王子が15歳の火力の弟でした。彼は隣に座っている弟に、ダウンOmotaに目を眼球を動かします。心配そうに彼を見つめているの十二歳の弟王子フラビン。
「Sumanuは、私は部屋に戻って取得します。」
彼は、テーブル内のヒスイのカップを入れて弱い立ち上がって王座から腰を浮かせ。 Tetsudaoは、焼成およびフラビンの手を振り払うために、彼は毛皮のマントをドラッグして会場を去っされます。

アイボリーの壁に手を身に着けている間、それをSylrick、それは廊下を横切っていました。不安定歩行では、中庭に面した連続廊下の柱に取り付けました。回廊は夕日によって照明され、柱の影がスラリーに拡張されていました。庭Orazuに庭師とサーバントは、唯一の鳥の悲しげな叫びをエコーし​​ました。静かに深呼吸の王子は、目を閉じて音を聞いた時。暁に照らされた瞼の裏が赤スルー毛細血管彼の前に広げました。風のメロディーを聴くには、早春の香りは、彼の鼻腔を満たしています。
「Sylrick王子?」
聞き覚えの声は、私は風に乗ってSylrickの耳に入っています。彼は重い田下は、主の声を探したまぶたを開きます。その声は、彼の従者と友人のニクラス·トリーの声で間違いないです。予想、ニクラストリーであり、柱の影から背の高いの姿を表し、彼の、うやうやしく王子に屈するました。 Sairurikkuは笑顔にするときは、薄い紫色の瞳で友達に紹介する目でした。ニクラスは、黒に等しいほぼ濃い灰色のローブに頭のてっぺんからつま先まで快適に覆い、無表情マスクを置きます。古代の部族のマスクや衣装の中で、唯一の最も重要な人物を着用することができないものでした。
「私は、ときにそこから持っていました?」
王子は声を出した時、ニクラストリーはフードの下で、マスクを削除します。しかし、レースをするより髪予期しないスーツをマスクの下から自慢レース特有の美しさの顔が登場、明るい灰色の短い髪を輝いていました。古い部族の家族、人と同じ部族以外の人の前で顔が、露出するように意図されたと彼自身の醜態と恥をさらす、ニクラスの鳥はこの古い習慣を嫌っ。
「私はパイプをふかしていました。」ニクラストリーは恥ずかしい頭を書きました。 「この事はあなたがあなたが父に黙ってもらえますか?」
彼は私が黄色の両眼に王子を見つめた、唇に当てる長い人差し指を従者。
「ストリートでは、私はタバコの臭いを考え早春の香りと混合されます。 "彼はそのような鳥のさえずりのように、音を笑いました。 「沈黙の中で私たちをみましょう。」
少しせっかちな外観の友人で、彼は彼の体に触れました。
「あなたは煙を吸い込まましたか?何もしないと?あなたの体をしますか?」
Sylrickは笑顔とき、彼は首を横に振りました。長いブロンドの髪を振って、それは夕焼け色を通して見られています。
「それだけで偽であるので、私は、心配する必要はありません。」
プリンス露出がそう言ってここまで空に、ため息をついて大きな肩を振ります。徐々に上から藍からオレンジのような太陽を、沈み始め王子の空の視線は、患っていました。
そして「私は寒さになっていた、それはあなたの体に触れる。に」
サーバントが手の王子を取り、私は影が薄くなってきた廊下を歩きました。ニクラスの鳥を聞いた王子は「グリーゼ-雑誌を」と言って少し前ため息ことです。 、フードで頭をカバーし、最初からかき消すようにニクラストリーは、マスクを用いて再。

 

多分『解雇』ってファイアド/Firedかなwww

この中でも「沈黙の中で私たちをみましょう。」がじわじわくるwwww

 

原文は下にしまっちゃおうね~

サイルリック…第二王子
ファイアド…第三王子
フレヴィン…第四王子

ニクラス・トリ…サイルリックの友人

 サイルリックは溜息をついた。かれは細い指に翡翠を削って作った杯を持ち、その中の清水に目を落としていた。憂いのアメジストの瞳が長い金色の睫毛から覗き、瞼は重たげに開かれている。顔立ちは少女のように可憐で、長髪のブロンドをかきあげて後ろでまとめていた。
 かれの横には弟のファイアドとフレヴィンがいた。ファイアドはエルナダによく似ていたが、つり上がった双眼と浅黒い肌をしていた。フレヴィンはまだ小さく、明るい色の巻き毛と頬に浮いたそばかすが印象的だ。どちらも健康的で社交的な性格だった。 それと反対にかれは、病弱で内向的に育った。かれらの父ヘザベルト王は男性的で強靱な肉体を持っていたが、かれはその能力を受け継ぐことなく生まれたのだ。母親似の色白と赤みを帯びた金髪がかれの特徴だった。剣よりも詩を愛し、馬で平原を駆ることよりも宮殿で読書に耽るほうがかれには幸福だった。
 かれは広間で宴の真っ最中であった。もちろん、サイルリックは宴など好きではなかった。大人たちが酒を飲み、酔っ払った姿は夜の鳥、家畜の豚のように醜い。かれはそう思っていた。内向的な王子は杯の中の清水を飲み干した。喉に冷たいものが流れ、頭がすっきりしたように感じた。かれはまたため息をつき、つまらなさそうに玉座にもたれた。
「兄上、どうされた」
 かれに声をかけたのは十五歳の弟王子ファイアドであった。かれは重たげに目玉を動かし、隣に座っている弟たちを見据えた。十二歳の弟王子フレヴィンは心配そうにかれを見つめている。
「すまぬ、わたしは部屋に戻らせてもらう。」
 かれは翡翠の杯を卓に置き、玉座から腰を浮かして弱々しく立ち上がった。手伝おうとしたファイアドとフレヴィンの手を振り払い、かれは毛皮のマントを引きずって広間を後にした。

 サイルリックは象牙色の壁に手をつけながら、廊下をわたっていた。おぼつかない足取りで、中庭に面している柱の連なった廊下についた。廊下は夕陽に照らされ、柱の影がすらりとのびていた。庭園には庭師と召使いはおらず、鳥の悲しげな鳴き声が響くだけだった。王子は静かに深呼吸をすると、瞳を閉じてその音を聴いた。暁に照らされた瞼の裏は毛細血管が透けて赤くかれの前に広がった。風の旋律を聴き、初春の香りがかれの鼻腔を満たした。
「サイルリック王子?」
 聞き覚えのある声が風の音にのってサイルリックの耳に入った。かれは瞼を重たげに開き、声の主を探した。その声はかれの従者兼友人のニクラス・トリの声で間違いない。かれの予想通り、ニクラス・トリは柱の影からその長身の姿を現すと、うやうやしく王子にお辞儀をした。サイルリックは微笑すると、薄い紫色の瞳で友人を見据えた。ニクラスは無表情の仮面をつけ、ほぼ黒に等しい暗灰色のローブで頭からつま先まですっぽり覆っている。その仮面や衣装は古き種族の中でも、最も上位の者しか身につけられないものだった。
「いつからそこにいたのだ?」
 王子が声をかけると、ニクラス・トリはフードを下ろし、仮面を外した。仮面の下からは種族特有の美貌を誇った顔が現れたが、髪のほうは種族に似合わぬ、明るい灰色の短髪が輝いていた。古き種族が家族、同じ種族の者以外の者の前で顔を晒すことは、己の醜態や恥などを晒すことを意味したが、ニクラス・トリはこの古い風習を嫌っていた。
「煙管をふかしておりました。」ニクラス・トリは恥ずかしげに頭を掻いた。「このことは親爺には黙っておいてもらえませんかね?」
 かれの従者は長い人差し指を唇に当てると、黄色い双眼で王子を見つめた。
「通りで、初春の香りと混じって煙草の臭いがすると思った。」かれは鳥のさえずりのような音色で笑った。「黙っておこう。」
 友人はすこし焦った様子で、かれの身体に触れた。
「煙を吸われたのですか?お身体は?何ともないですか?」
 サイルリックは微笑むと、かぶりをふった。長い金髪が揺れ、夕陽の色に透ける。
「心配しなくていい、ただの仮病だから。」
 王子はそう言って遠くの空を見つめると、肩を大きく揺らしてため息をついた。王子の見つめる空は、オレンジのような太陽が沈みはじめ、上から段々と藍がかかってきていた。
「寒くなってきましたね、お身体にさわります。中へ」
 従者は王子の手をとり、影が薄くなった廊下を歩いた。ニクラス・トリはさっき王子がため息まじりに「グリーゼ・マグス」と言うのを聞いた。ニクラス・トリはそのことを頭からかき消すように仮面を付け直し、フードで頭を覆った。